起業する時にあった方いいツール

起業・独立する時には、アレやコレや出費が多く、なかなか揃えるのは難しいものですが、私、萩本孝子がフリーランスデザイナーとして独立した時や、多くのクライアント様のツールを作ってきた経験から、持っていてよかったもの、便利なもの、ポイントなどを書いてみました。

 
 

名刺

名刺デザイン必須アイテム!
自分のパソコンでも作れるし、ネットで探せば格安印刷もたくさんあるので、いろいろ作ってみるとよいと思います。

時々、ちょっと変わった感じで「変形」や「2つ折り」のものを頂くことがありますが、これはあまりオススメしません。
なぜなら、名刺ホルダーに入らなかったり、入ってもホルダーから出さないと連絡先がわからないのでは、渡した相手の方にちょっと悪いと思ってしまうから。
基本的には、定型サイズ(91×55mm)で表面に連絡先を載せることをオススメします。

デザインのポイントは、名刺ホルダーに入れて他の名刺と並んだ時に、目立つ色やモチーフが入っていること

文字、特に電話番号は大きめに。文字が小さいとアラフォー以上の人は見る気がしなくなるので。

リーフレット

一枚の紙を3つ折りや、4つ折りにしたパンフレットみたいなモノをリーフレットといいます。パンフレットより手軽で、チラシより高級感があるので、手に取って見てもらく、また捨てにくいというメリットがあります。
リーフレット
どんなサイズでもいいのですが、手軽に渡せて、知り合いのお店などにも置いてもらいやすい<A4・3つ折りサイズ>が起業されたばかりの方や、個人でお仕事されている方にはオススメです。

折りたたんだ時に見える表紙・裏表紙は目立つように、開いた時に最初に目に入るページには、伝えたい想いなどを入れると、読んでもらいやすくなります。

ホームページ or カスタマイズされたブログ

ホームページ「ブログがあるので、ホームページはいらない」という事を時々聞きます。実際、ブログだけで十分集客されている方もたくさんおられます。
ただし、そのブログは “情報が見つけやすいようにカスタマイズ” されているでしょうか?
Webサイト
もし誰かが、あなたに本気で仕事を頼みたいと考えている場合、「どんなメニューを持っているのか?」「どんな人がやっているのか?」「価格」「地域」「問合せ先」など、事前にいろいろ調べると思うのです。
ですが、一般的に記事が次々流れていくブログは、とても情報が見つけにくい。
なので、あなたのビジネスを紹介するなら、情報が整理された「ホームページ」か、ホームページの代わりにカスタマイズされた「ブログ」は必ず欲しいツールです。

ホームページを作るのに、最近は「無料」「格安」で非常に使いやすい良いものが増えています。「ホームページ 格安」「ホームページ 無料」などで検索してみてください

ただし中には「格安」とうたっていながら、管理料に毎月数千円〜かかるところもあるのでご注意を

Facebook・ブログ、その他SNS

SNSひとつ前の記事で、ブログはカスタマイズされていないとダメだ、と書きましたが、ホームページを持っているなら、日記のようなブログもとても強力なツールです。
また、Facebookもオススメです。

最近は会社や肩書きよりも、「その仕事をやっている人はどんな人か?」に興味を持って、仕事につながることが多くなったと言われます。
ブログもFacebookも続けていると「その人がどんな人か」「日々どんな事を考えているか」が自然と染み出してくるので、自分を知ってもらったり、ファンを作る、という意味でとても有効です。
特にFacebookは、基本、実名登録でビジネスで使っている人が多いので、安心して使えますし、メールのように使えるメッセンジャーもとても便利です。

他にも、LINE、インスタグラム、ツイッターなど、それぞれ使っているお客様層があるので、自分のお客様に合っていそうなツールを使うのがよいと思います。

SNSもビジネスで使う場合は本名・顔出しが基本ですが、自宅や携帯番号など、個人情報が流出しないようにくれぐれも気をつけて

住所印 or 住所シール or オリジナル封筒

あなたが、毎月たくさん資料や請求書を送る仕事なら、ロゴ・住所を印刷したオリジナル封筒を作るのがベストだと思います。
手間も省け、見た目も「きちんとした会社(プロ)っぽい」からです。
もし、そんなに必要なければ、ロゴマーク入り住所印を作っておくと、いろんなところで使えるので便利です。

オススメは「ロゴマーク入り住所シール」
住所印よりずっと見た目がいいし、どんなサイズの封筒も貼るだけでオリジナル感がばっちり出ます。
またお客様に渡す資料や販促ツールに貼るなど、いろいろなところで活躍します。
住所印

ハンコもシールもネットで安いところが見つかりますが、一度作ったデータを保管してくれるところもあります。定期的に印刷する封筒などは、登録しておくと便利ですね

角 印

角印もしあなたが「個人事業主」なら、法律上は角印は必要ではありません。
けれど、見積もりや請求書などをたくさんやりとりしていくと、「角印」が押されたものとそうでないものは、印象が全然違うことに気がつきます。苗字の認印だけ押したものは、とても「素人っぽい」感じがするのです。
「箔(はく)がつく」とでも言いますか、プロっぽく見せるために絶対あった方がいいツールだと感じます。

角印もネットで安いところがありますが、安すぎるものはフォントを並べただけのようなものがあります。いろいろ見比べて決めてください

 
今時は、なんでもネットで検索すれば、安くて便利なところが見つかります。
まずはお金をかけずに自分でやってみたいと思われたら、ぜひ、いろいろ試してくださいね
 
 
なお、ここで紹介したツールは、すべて「デザインひとつひとつ」でオリジナルのオーダーが可能です。
あなたの「想い」「魅力」「強み」、どんなお客様にどんなイメージで伝えたいか、こだわりのオリジナルデザインのツールが欲しくなったら、ぜひ一度、ご相談ください。

気軽に聞いてください
オリジナルデザインのプラン内容とすすめ方